賃貸物件が見つかったら、どのようにして家賃を交渉すれば良いのでしょうか。ぜひ参考にしてください。

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

賃貸物件の交渉の仕方

賃貸物件を探すさいの交渉の仕方をご紹介します。誰でも少しでも得をしたいと思いますよね。気に入った物件がチョットしたことで家賃が安くなったり、借りやすくなったりします。それは、希望する金額より多少「少なめ」を提示することです。例えば家賃を1000円引いてもらいたい場合、2000円と言ってみましょう。家主さんは「2000円はムリだよ」と一回は断るでしょう。しかし次に「ならば1000円ではどうですか?」と言うと、家主さんは2回目は断りづらいので「今回だけ特別にOKだよ」というの返答が来る可能性があります。これは共益費(管理費)などでも使えます。

また日割り家賃でも交渉次第で安くできます。日割り家賃が発生するのは入居できる日(入居可能日)からになります。つまり引越しする日からではないので注意です。例えば2ヶ月後に引越しを考えていても、入居可能日が1週間後であれば引越しをしていなくても日割り家賃が発生してしまいます。なので引っ越しするまでの約1ヶ月半ぶんの家賃を払わなければなりません。しかし交渉次第ではそれを引き伸ばしてくれます。まず借りたいという意思をはっきりと大家さんに伝えて、少しでも前家賃を少なくしてもらえないか聞いて見ましょう。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.