古いかつて住んでいた空き家を賃貸活用する際には修繕が懸念されるが借主に負担させる方法もあるということ

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

空き家の賃貸活用ではこんな方法があります

賃貸住まいの基本は集合住宅で最初からそれ専用の建物として建築された住まいに住むのが定番です。しかしながら人口減少社会に突入した現在では全国のあちらこちらでかつて住んでいた一戸建ての住まいがいろんな事情で空き家になるなどもしています。そしてその数は増加傾向にあります。そんな空き家問題を片付けるには家を解体して更地にするとか売ればいいではないかという意見もありますが、解体すれば固定資産税が一気に跳ね上がるし、解体費用も捻出できない所有者も多いし、そう簡単に売れる立地ばかりではないのが現状の課題でもあります。

その古いかつて住んでいた空き家対策でなんとかできないかと注目されているのが賃貸活用という方法であります。そして実際に一部ではそれを実現されています。ですがそこにもいくらかの問題があります。それは家自体が古いので老朽化して修繕箇所や費用が増えるという点です。それのために活用をためらっている場合さえあります。ですがこれを解決する方法があります。それは最初から修繕は借主負担に挿せるという方法です。これだと貸主の負担が減るメリットがあります。ただしそれと引き換えに家賃相場を周囲に比べてぐっと低く抑える工夫などが要ることも考えないとなりません。しかし放置しているだけに比べればいくらか固定資産税の穴埋めもできるというメリットは確かにあります。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.