借主が家賃滞納などの賃貸契約に違反する行為を行っても、貸主はすぐに立ち退き請求できるわけではありません。

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

家賃滞納時における賃貸契約破棄

賃貸契約において借主が賃料を滞納した場合、貸主は契約違反を理由に物件からの立ち退きを要求できます。しかし、実際立ち退き請求するためには様々な手続きをとらなければならず簡単ではないようです。最も、相当分の家賃を滞納している時点で、借主の生活が普通の状態ではないことを意味しているので、借主が立ち退き請求に素直に応じるとは思えません。ですから、問題がこじれると個人の手には負えず弁護士に相談する貸主も多いと言います。

例えば賃貸契約書に「3ヶ月の家賃賃貸で契約を破棄でき、立ち退きを要求できる」という文言が書かれていたとしても、3ヶ月の滞納後すぐに出て行ってもらえるかと言えばそうではありません。通常、貸主と借主の関係が修復不可能なほどの違反を借主が行わなければ、契約の破棄までは出来ないのが一般的です。借主に3ヶ月間家賃を払えなかったやむを得ない事情があれば尚更、契約の破棄は難しくなります。本当に契約を破棄し、立ち退きを要求するためには、家賃滞納から何度も督促を行ったり、実際出向いて事情を聞くなど、状況を改善するための努力を積み重ねても借主側が全く応じなかったという事実が認められなければならないのです。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.