賃貸で入居時に渡される賃貸借契約書などの書類にしっかり目を通していくことが役だってくることになる

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

賃貸で賃貸借契約書が大事

賃貸で入居時に渡される賃貸借契約書や入居者使用規約などの書類にじっくり目を通したことがあるでしょうか。それらはマンションのルール集のようなもので内容はとても細かく広範囲にわたりますが、快適な移住環境を維持するために、その物件ごとのルールを居住者全員で守っていく義務があります。そして、マンションの専有部分と共用部分に関する決まりごとのほか、良好な住環境の確保と共同生活の秩序を維持していくために定められているものが管理規約で、区分所有法に裏打ちされた基本ルールでマンションの憲法ともいえます。

そして内容は建物の用途・区分、管理組合の運営方法・業務内容、管理費・修繕積立金の使途などで、区分所有者と専有部分の占有者は区分所有法とともに管理規約も守る必要があります。そして、マンションで日常生活における注意事項や専有部分・共用部分の使い方などに関すルールを定めたものが使用細則で、内容は契約書について、共用部分の使用、生活音に対する注意、水漏れについて、設備について、禁止事項、バルコニーの使用、ごみ処理、補修・修理について、駐車場の使用細則など多岐にわたって、賃借人が守るべきことがたくさん書いてあります。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.