住居を購入するかしないかは大きな決断ですが、賃貸に住んでいる間に、住宅の様々な研究をするのがベストです。

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

賃貸物件に住むか購入かの決断

どんな人も人生の一時期は仮住まいの生活をする時期があります。それは自宅を購入するまでの社宅であったり、或は独身アパートである場合もあります。よく男性が、男一人四畳半の自由などと言って、狭いアパートでも、何物にも代えがたい価値があったと述懐しますが、確かに単身であればそれでも構わないでしょう。しかし結婚をして所帯を持つと、独り身の時より、思いもよらずモノや場所が必要であることに気付きます。それは子供が出来るためであると同時に、複数の人が一緒に住むことは、単身者を単に2倍する以上の価値が付け加わってくるからです。例えば親戚や知人などとの付き合いを想定したスペースや、子供が成長した後老後の事まで、脳裏をよぎるようになるのです。

そのため賃貸物件に住んで、毎月のように家賃が消えてゆくことを思うと、家賃分をローンに当てた方が有利ではないかと思うようになる訳です。ただし初めてファミリー用の賃貸住宅に住んだ人は、賃貸物件と持家との違いが判然としないはずです。そのためすぐには住宅を購入する予定のない人であっても、折りを見てモデルルームなどに見学に行ってみるのがベストです。というのは、こうした住宅展示場に行って、予想外によい物件を見つけたり、賃貸では得られない住宅のメリットを見つける場合が少なくないからです。持家であっても何年かはローンを支払って、いわば賃貸と同じような条件で住むのですから、思い切って購入した方が、快適な空間に住めるかもしれないのです。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.