最近は賃貸物件でもセキュリティ意識が高くなっています。そうしたところを選ぶ人が増えているのです。

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

賃貸のセキュリティ意識

2000年くらいから、ピッキングによる犯罪が増加しています。2003年にはピッキング防止法が施行されたくらいです。当時は、ディンプルキーやオートロックといった防犯設備が必要だと感じる人は半分くらいであり、そこまで防犯意識がなかったのです。水と安全は無料で得ることができる、ということが日本の特徴の一つだったのです。しかし、それでも最近はオートロックが必要だと思う人が7割以上と、セキュリティに対する意識は年々、高まっていることは間違いないです。そうしたことは、住宅の供給にも影響があるものであり、賃貸マンションでは最早、オートロックは基本になっています。細かいところではありますが、蓋のついているドアスコープとか頑丈なドアチェーン、センサーライト、ダミーの監視カメラなんかも設置しているところが多いです。マンション自体にはカメラはあるのですが、さすがに各部屋の前にあるのは少ないのです。

賃貸であっても、かなりセキュリティが高いところが好まれていることは確かです。特に女性にとっては財産だけでなく、身の安全にも影響することですから、重要視する人が多く、あえて家賃が高くてもそうしたところを選ぶことが多くなっています。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.