賃貸住宅も広い意味で言えばレンタルです。レンタルは通常は使わないものについて行いますが、住宅については別です。

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

住宅のレンタルとしての賃貸

賃貸住宅も広義の意味で言えばレンタルになります。通常のレンタルの場合、購入まではしなくても使いたいものがあるというときに利用するものが多いです。例えば、CDやDVDにブルーレイなどソフトを利用する場合が多いようです。ハード面で言えば、イベントのときに使う物品など、たまにしか使わないようなものを借りる場合が多いですが、その例外が家です。住宅の場合、毎日の生活のために絶対に必要なものですが、購入するには高価すぎて簡単には購入できませんので賃貸という選択が普通になります。

賃貸住宅のメリットは移り住むことが比較的簡単ということにあります。持ち家の場合、価格が高額であるがゆえに、いったん購入してしまえばそう簡単に引っ越すわけにはいきません。自分の住みたい家を見つけるための条件を探したり、物件を見る目を養うためにも、賃貸生活は有用です。家賃はもちろんのこと敷金に引越費用も必要ですので、かなりの金額が必要となります。一方で、持ち家についても購入費用や建築票はもちろんのこと、不動産取得税に固定資産税に補修費などメンテナンスの費用がかかってきます。金額的には一概にどちらが有利とも言いがたい部分があります。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.