賃貸住宅でペットを飼いたい場合はまず飼うペットを何にするか決め、通常以上のお金を用意し不動産屋に相談する。

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

賃貸住宅でペットを飼う為には

賃貸住宅でペットを飼う場合は、「ペット可」な住宅を探さなければなりません。そのためにはまず、自分が飼いたいペットを決めます。ネコや犬などは一般的ですが、その他爬虫類等の特殊なペットの場合、断られるケースもあるのです。ペットが決まったら、不動産屋に相談し賃貸物件を紹介して貰います。最近ではペットと共同生活を送ることが目的とされた賃貸物件等があります。これらは専用スペースや換気扇などが用意されているので、予算が許す範囲で検討してみると良いでしょう。

「ペット可」な賃貸住宅では、敷金や家賃が少し高めに設定されています。これは、部屋自体が汚れたり傷ついたりする可能性が大きいため、退去後の修繕費を見越して設定されている場合が多いためです。ペットを飼うと住居だけでなく、ペット自体の世話にかかる費用も多く発生します。その上で家賃の支払い継続が可能な物件を選ぶことが大切です。

ペットが飼える物件にいざ住むことになったとしても、近隣住民への配慮は必要不可欠です。特に同じ集合住宅内に小さな子供が居る場合は、エレベーターや階段などでは気を付ける必要があります。ペットのしつけをしっかりして他人に迷惑をかけないようにし、住民同士のトラブルを起こさないよう注意することが大切です。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.