賃貸物件でも壁や床のイメージチェンジをしてみたい。壁や床を傷つけることなくイメージチェンジする方法。

賃貸は管理費用を見落としがち
賃貸は管理費用を見落としがち

賃貸物件での壁や床のイメージチェンジ方法。

賃貸でも長く住んでいると何となく部屋のイメージを変えたいななんて思いますよね。長く住んでいなくても立地条件や間取りなどで住んでいるけど、いまいち部屋の雰囲気が気に入らないなんてことありますよね。普通一軒家ならリフォームしてしまったりするのでしょうが、賃貸だとそうはいきません。しかし、あきらめなくてもいいのです。意外と賃貸でもいろいろな方法でリフォーム気分を味わうことができるのです。

例えば壁紙を変えたいなと思った時。やはりあきらめる人が多いと思いますが、糊なしの壁紙をホッチキスでとめるなんて方法もあります。ホッチキスの穴くらいでしたら敷金には影響ありません。他にもマスキングテープを利用する方法もあります。マスキングテープとは強い粘着力を持っているのに、壁紙を傷つけることなく簡単にはがすことができるテープです。マスキングテープだけだと壁紙をはることはできませんが、壁にはったマスキングテープに両面テープを重ねて張れば簡単に壁紙をはりつけることができます。しかも壁紙を重ねてはることで、本来の壁紙の汚れ防止にもなりますね。イメージチェンジも出来、まさに一石二鳥ですね。

床も簡単にイメージチェンジできます。床はカーペットをひいたり、はめ込むだけのフローリングを利用したり、タイルをひいたりとアイテムさえあれば簡単にイメージチェンジすることができます。いろんなアイテムや方法を活用して自分好みの部屋にアレンジしてみるのも楽しいと思います。

Copyright (C)2017賃貸は管理費用を見落としがち.All rights reserved.